読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背骨ブログ2

あなたの背骨をポキっと

不動前の寿司屋「鮨りんだ」は、イカですら口から一瞬でいなくなる

先日、嫁の誕生日ということで、前から行きたがっていた不動前の寿司屋に連れて行った。

東急目黒線不動前駅」から徒歩10分くらいかな。山手通りを中目黒方面に歩くと右側に「イメージ109」という大きな撮影スタジオが見えてくる。「鮨 りんだ」はそのビルの1Fだ。

お店の前はこんな感じ。

f:id:iioniku:20161002191516j:plain

正直、あんまり高級な寿司屋って感じの門構えではない(と思う)。

中に入ると、なにやらお金を持ってそうな人がたくさんいる。聞けば芸能人なんかもたまにくるとかこないとか。

この日はお任せにしていたからか、テーブルにはメニューが無かった。

とりあえず、食べたものはこちら。

f:id:iioniku:20161002193251j:plain お通し。

f:id:iioniku:20161002193356j:plain たこ。わざび塩で食べる。

f:id:iioniku:20161002192322j:plain 初めて食べたあわび。弾力があってなかなか。

f:id:iioniku:20161002192357j:plain 白身魚(名前忘れた)

f:id:iioniku:20161002192419j:plain トロ! 一瞬で口の中から消えたやつ。

f:id:iioniku:20161002192441j:plain さんまだったかな(曖昧)

f:id:iioniku:20161002192501j:plain 松茸のお吸い物。きのこ嫌いなんだけど、これは美味かった。

f:id:iioniku:20161002192531j:plain 今回食べたなかのベスト3にはいるウニ+イカ。ウニだけじゃなく、イカもあっという間に口の中から消えた。ヤバい。

f:id:iioniku:20161002192552j:plain 忘れた。

f:id:iioniku:20161002192612j:plain 忘れた。

f:id:iioniku:20161002192636j:plain 忘れた。

f:id:iioniku:20161002192708j:plain 貝なんだけど、名前忘れた。

f:id:iioniku:20161002192727j:plain ウニ! 間違いないやつ。

f:id:iioniku:20161002192748j:plain ごぼうとゴマね。

f:id:iioniku:20161002192803j:plain 忘れた。

f:id:iioniku:20161002192824j:plain エビ。でかい。

f:id:iioniku:20161002192902j:plain 忘れた。

f:id:iioniku:20161002192921j:plain いくら苦手なんだけど、まったく癖がないから、これなら何個でもいける。

f:id:iioniku:20161002192947j:plain 今回のメニューに入ってなかった白子。美味過ぎな。

f:id:iioniku:20161002193005j:plain たくあんだ。

f:id:iioniku:20161002193025j:plain 穴子の塩焼き。塩とタレから選べる。すぐに食べて欲しいらしく、大将から直接手で渡される。

f:id:iioniku:20161002192842j:plainf:id:iioniku:20161002193044j:plainf:id:iioniku:20161002193106j:plain りんだの裏メニュー、通称「りんだ巻き」。普通のコースには入っていないので、個別にお願いする必要がある。大将曰く、トロをたくさんに使うので、あまり出したくないらしい。

f:id:iioniku:20161002193130j:plain 最後のデザートは、大将の実家で作っているらしい愛媛のみかんジュース。濃厚なみかんの味がとっても爽やか。

さて、気になるお値段だが、2人で35,000円だった。コース以外に頼んでしまったので予想以上の金額に。。お任せのコースだけなら25,000円以内に納まっていたかも。

なかなか気軽に行ける値段ではないのだけど、食べたものは全部美味しかった。

また行きたいなぁ。次はいつになるかなぁ。。