読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背骨ブログ2

あなたの背骨をポキっと

電車通勤をやめ、自転車で出勤するようになって感じた10コのこと

うちの会社は、電車やバス以外で通勤する人に対して、住宅手当を家賃の20%(最大2万円まで)支給しています。電車通勤の人は交通費だけ支給されるので、電車通勤をやめた方が手取りが増えることもあるわけです。そんな制度もあってか、ぼくは入社してすぐ自転車通勤に切り替えました。自宅から会社のある上野までは13km。時間にすれば45~50分くらいでしょうか。都内では自転車人口が増え、たびたび自転車のマナーについて議論されることもありますが、ぼくが自転車通勤をして感じたことをまとめてみます。

自転車通勤にしてよかった5つのこと

完全に主観ですが参考になれば幸いです。

1. 満員電車からの解放

一番はこれです。満員電車に乗るストレスがキレイさっぱりなくなりました。ぎゅうぎゅうの車内ってめちゃくちゃ嫌ですよね。座れればまだいいんですが、座れないと通勤するだけで疲れます。金曜の夜とかは車内がお酒臭かったりしますしね。自転車で通勤するとそんなストレスはありません。仕事が遅くなっても終電を気にすることもありませんからね(白目)。

2. 冤罪に怯えない

男は年齢を重ねれば重ねるほど、電車内の冤罪について考えませんか? 僕は考えてました。特に満員電車で隣が女性だとラッキー! って思うと同時に警戒するんですよ。痴漢に間違われないようにしなきゃって。だけど自転車だとそんな危険はありません。そのかわり、交通事故に遭うかもしれないリスクはあるんですけどね。

3. 健康的になれる

ぼくは体重に変化がなかったんですが、人によってはダイエットになるみたいですね。運動不足ならちょっとした運動にはなります。ダイエットを始めるのであれば、自転車通勤で消費できるカロリーを計算に入れたりするといいですね。ちなみに、178cm、75kgの体重で1時間80~85rpmの回転数で漕ぎ続けたときに消費できるカロリーは大体800~900kcalくらいです。(ジムで計測した数値です)ご参考までに。

4. 道に詳しくなる

これは仕事柄よかったポイントでもあります。自転車の行動量に比例して道に詳しくなれるんですよ。また、ちょっと電車で行きづらいような場所も気軽に行けます(例えば不動前から三軒茶屋とか電車乗り換えがとっても面倒なんす)。他にも、裏路地で思わぬ発見をするのも電車じゃなかなか出会えない魅力です。

5. 『弱虫ペダル』や『かもめ☆チャンス』が面白い

すいません。弱虫ペダルwwwって思ってました。だけど、自転車を始めたタイミングで見てみると面白いんですよこれが。悔しい。自転車乗ってるときに熱い展開を思い出すと、ついついペダルに力が入っちゃうんですよね。かもめ☆チャンスは、もう少しリアリティのあるマンガ。競技中に立てる作戦、レース運びの駆け引きとか読んでてほえーってなります。これも面白い。個人的には弱虫ペダルより好きなマンガです。

自転車通勤にしてマイナスかもしれない5つのこと

いいことだけ書いても不公平なので、マイナスかもしれないことも書いておきます。

1. 自転車のメンテナンスに若干のお金と時間がいる

ぼくはクロスバイクに乗ってまして、1~2週間に一度はチェーンの潤滑だったり、空気を入れたりしています。自転車が好きなので気になりませんが、チェーンの潤滑や自転車を洗浄するために細々とした消耗品でお金がかかります。潤滑もちゃんとやった方がいいのですが、最低でも空気だけは定期的に入れるようにしたいところです。

2. 交通事故のリスク

前述しましたが、交通事故に遭うリスクは増えるでしょうね。マナーの悪い車もいますから。こればっかりは、自分が安全運転を心がけるしかありません。正しい交通ルールを守えう以上に自分で守れる範囲を気をつけて運転しなければいけません。特に雨の日はタイヤも滑るので乗らない方がいいでそうね。

3. 盗難のリスク

ぼくは幸い被害にあったことがありません。しかし、知り合いにはたくさん自転車を盗まれた人がいます。どうしても高い自転車に乗ると狙われてしまいますよね。盗まれるときは鍵をつけても盗まれるので、なるべく室内で保管するとかの防衛策を考える必要があります。

4. 夏は汗がやばい

自転車通勤は夏場が大変。だって暑いから。会社や会社の近くにシャワーを浴びれる場所があればいいですけどね。例えば、会社に近くにジムがあればシャワーを浴びて出勤といったこともできます。冬は寒くない?ってよく聞かれますが、漕げば暑くなるのでなにも心配いりません。

5. 沼

かの偉い人は、「自転車は沼である。」と言ったとか言わなかったとか。自転車は知れば知るほど金がでます。例えば、ぼくは自転車のタイヤを32から23に細くしました。たったこれだけでペダルも軽くなるしスピード出るようになるんですよね。あとホイールを変えても全然スピードが変わるらしいですが、それ以上踏み込むと戻ってこれない気がして踏みとどまってます。今は理性が勝ってますが、自転車にはまるってこういうことなんだろうなぁ。

まとめ

ということで、自転車通勤で感じたことをつらつらと書いてみました。個人的にはマイナスなこと以上に、自転車の楽しさの方が大きかったので自転車に切り替えてよかったと思ってます。

武蔵小山の焼肉屋「大門」というお店

f:id:iioniku:20170219030311j:image

武蔵小山から、また一つお店が消える。

 

武蔵小山と言えば、日本で1番長いアーケード商店街がまず有名だ。かつて、その商店街から少し横に入っていくと、たくさんの飲み屋が軒を連ねていた。今は駅前の開発工事のために飲み屋は立ち退き、立入禁止になっているエリアだ。その立入禁止エリアのすぐ隣に、今月2月に閉店が決まってしまった焼肉屋「大門」はある。

 

f:id:iioniku:20170219034624j:image 

店構えは決してオシャレでもキレイでもない。お店のなかはいつも煙が充満し、焼肉の匂いが強くこびりつく。正直入りやすいお店とは言えないかもしれないが、いつも店内は地元の人や常連で溢れていた。今日だって、

 

若い女性「こんばんわ〜来ちゃった!」

お店のおばちゃん「あら、どこか行って来た帰り?」

若い女性「お台場いってきたの!で、何も食べないでここに来ちゃった!」

お店のおばちゃん「あら、偉いわねぇ〜!たくさん食べていってねー!」

 

とか、

 

40代くらいの男性「え!?本当に今月でお店閉めちゃうの?」

お店のおばちゃん「そうなのよ〜!ごめんね」

40代くらいの男性「え、え!?場所変えて再開するんだよね??」

お店のおばちゃん「それが、本当に終わりなの」

40代くらいの男性「マジかよ〜!今日来れてよかったよ」

お店のおばちゃん「商店街にはよくいるから、見かけたら声かけてねー!」

 

大門には何度も足を運んでいたが、今日は特にこんなやりとりが多かった気がする。

一方僕はというと、取材モードじゃないときは人に話しかけるのが億劫になってしまう性格なので、キーンと冷えたビールを飲みながら、ただただその光景を眺めているだけ。何度も行っているが、顔を覚えられているかも怪しい。

 

お店を閉める理由の一つは、立ち退きの対象になっているから。武蔵小山周辺は大きく三段階に分けて大がかりな工事が行われる。その段階ごとに付近の人は立ち退きをしなければいけない。大門は次の立ち退きエリアにお店があり、その立ち退きの期限が2月までなのだ。

しかし、それではお店を移せばいいだけの話だ。もう一つの理由は、体調不良。ずっと体に無理をしながらお店を切りもりしていたので、今回の立ち退きがお店を閉めるちょうどいい理由になったのだそう。

 

ここは本当に肉が美味しくて、個人的にたんネギ塩が一番好きだった。たんネギ塩を焼くとき、「肉を二つ折りにしてネギを挟んで焼くの。その状態で表と裏を焼くだけでいいから」と、何度も何度も教えてくれた。違う焼き方をしようものなら「違う違う!そうじゃないの!」っておせっかいを焼いてくるおばちゃん。そのおばちゃんのいるお店は今月で終わる。

 f:id:iioniku:20170222115251j:image

 

▼大好きなたんネギ塩

f:id:iioniku:20170219034717j:image

▼こんな感じにネギを包む

f:id:iioniku:20170219034756j:image 

▼表と裏を焼いて

f:id:iioniku:20170219034827j:image

▼レモン汁につけて食べる。最高

f:id:iioniku:20170219034855j:image

 ▼追記:先日前を通ったらやっぱり閉店していました。

f:id:iioniku:20170307220348j:image

f:id:iioniku:20170307220400j:image

 

α6000(ILCE-6000)が故障した?ボタンを押しても反応しない※追記あり

f:id:iioniku:20170212194733j:image

2年ほど使っていたソニーのα6000がどうやら故障したようです。

 

電源は入るけどシャッターボタン以外のボタンを押しても反応がない症状です。シャッターは切れるんですが、オートフォーカスも死んでいるので、撮影にはめちゃくちゃ影響が出ます。マニュアルにしてもダメでした。

 

買って2年は経ってるので、そんなもんかなぁ。とりあえず公式サイトを見ても近しい症状が見つけられなかったので、近々修理に行ってきます。

 

▼追記

先日、秋葉原の修理センターにカメラを持って行ってきました。

www.sony.jp

そこで言われたのが、シャッターが常に半押し状態になっており、他のボタンが押せなくなっているとのこと。どうやら中の部品を変えればすぐに直るようなので、そのまま預けてきました。

後日、携帯のSMSに修理の見積もり案内がきたので、金額を確認して修理を依頼。金額は15444円(税込)で、内訳は技術料13000円、部品代1300円でした。

▼こんな感じでSMSが届く。

f:id:iioniku:20170219025347p:plain

とりあえず致命的な故障じゃなくてよかった……。カメラは1週間ほどで戻ってくるようです。

 

▶︎追加(その2)

カメラの修理が終わったと連絡を受けたので秋葉原のサポートセンターまで取りに行ってきました。

 

 こんな感じでキレイに梱包されてました。

f:id:iioniku:20170222211040j:image

f:id:iioniku:20170222211050j:image

 

明細はこんな感じ。レリーズボタン辺りに不具合があって部品を交換したらしい。 

f:id:iioniku:20170222211239j:image

f:id:iioniku:20170222211246j:image

 

修理が終わったカメラはクリーニングされてキレイな状態にしてくれてます。なお、三ヶ月以内に同じ箇所が壊れたら無料で修理してくれるっぽい。

 

受付の人も親切だし、あまり人がいないので待たずにすぐ受け付けてくれました。

 

とりあえず、これでカメラ復活やでー!

志賀高原ビール好きが新橋の「信州おさけ村」に行くと抜けられなくなる3つの最高な理由

f:id:iioniku:20170130030008j:plain

ビールが好きだ。

なかでもIPA(ホップをめちゃくちゃ利かせた苦味の強いビール)が特に好きだ。

そんな僕が愛してやまないお店が新橋にあるので紹介したい。

という方に心の底からおススメできるお店だ。

志賀高原ビールが好きなら「信州おさけ村」!

f:id:iioniku:20170130025853j:plain

その「信州おさけ村」は新橋にある。

信州おさけ村(以下、おさけ村)とは、

「地酒ミュージアム 信州おさけ村」は、信州清酒直売所兼スタンドバーです。 旅と酒の歌人 若山牧水の有名な『白珠の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり』が信州で詠まれたように、信州は全国有数の銘醸地です。  引用:地酒ミュージアム信州おさけ村

要するに長野のお酒が飲めて、お酒も買える立ち飲み屋だ。長野県にあるお酒やおつまみは、だいたいこのお店で手に入ると思う。たぶん。

そんなおさけ村を志賀高原ビール好きにおすすめしたい最高な理由を3つ紹介する。

その1. 志賀高原ビールがたくさんあって最高!

f:id:iioniku:20170130025636j:plain 志賀高原ビールは、長野県にある「玉村本店」のクラフトビールだ。もとは日本酒も造っている酒蔵だが、クラフトビールにも力を入れており、特にIPAの種類が豊富なことでビール好きの間では知られている。

僕がおさけ村で飲んだことのあるIPAだけでもこれだけの種類がある。そんな玉村本店のビールは、東京で扱っているお店は少ない。銀座にある長野のアンテナショップでも、志賀高原ビールのラインナップは少なめだ。さらに準定番や限定品となると、いよいよ取り扱っているお店は少なくなる。

それがこのおさけ村では準定番や限定品が置いてあるし、運がよければ樽生の志賀高原ビールを飲めることもある。

▼ちょうど写真を撮りにいったときは、志賀高原ビールの樽生はなかった。 f:id:iioniku:20170205060509j:plain ▼レジ前にメニューが貼ってあるが、志賀高原ビール以外にもたくさんのお酒が用意されている。とても把握しきれない量だ。 f:id:iioniku:20170205043740j:plain

その2. 志賀高原ビールがとにかく安くて最高!

f:id:iioniku:20170205043742j:plain おさけ村やアンテナショップの「銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース」では、なぜか玉村本店で売っている値段とあまり変わらない値段でビールを飲める。

例えば、玉村本店のECサイトでは、志賀高原IPAが382円(税込)に対して、おさけ村では390円(税込)だ。わずか8円しか変わらない。

それ以外のお店では、ばらつきはあるものの600〜900円ぐらいだろうか。それに比べると良心的すぎるほどの値段だ。

そうなると、もう長野で買うよりも安い。どうしてこうなったのかよくわからんが最高!

その3. その場で買って帰れて最高!

f:id:iioniku:20170205043745j:plain 冒頭でも書いたが、このお店は奥にお酒の販売コーナーがある。志賀高原ビールもこの販売コーナーで買える。タイミングがよければ限定品のIPAが売られていることも。売っていたらラッキーだ。

▼販売コーナーでは日本酒やビールが立ち並ぶf:id:iioniku:20170205043751j:plain▼ビールは冷蔵庫の中にf:id:iioniku:20170205043741j:plain

そして販売コーナーで売られているお酒は、おさけ村の会員になると5%引きで買えるようになる。そうなるともはや通販で買うより安い。マジでどうしてこうなった。

▼会員になるには、店頭で必要な情報を書けばいい。 f:id:iioniku:20170205050451j:plain ▼申し込むと1週間ほどで自宅に会員証が届く。 f:id:iioniku:20170205051707j:plain

おわりに

志賀高原ビールを中心におすすめしたが、お店としては日本酒に力を入れてるように見える。ただ僕が日本酒を飲めないため、日本酒のことはよくわからない。日本酒を目的にくるお客さんも多いので、きっと美味しいお酒があると思うが、そこは実際にいって確かめて見てほしい。

おさけ村は夕方ぐらいから一気に混み出す。お店に入れないこともしばしばあるので、行くなら早めの時間がいいだろう。とりあえず志賀高原ビール好きなら一度は行って見てほしい。

おさけ村最高!

おまけ

▼おつまみも美味しい。一杯250円のおたぐりを除いて、すべて350円だ。 f:id:iioniku:20170205043738j:plain

▼個人的に大好きな「豆腐のみそ漬け」(350円)。食べるとビールが本当に止まらなくなるので要注意。奥は「ささみのくんせい」だ。 f:id:iioniku:20170205043734j:plain

▼カウンターにはこのように日本酒がズラリ並んでいる。 f:id:iioniku:20170205064056j:plain

▼お店の壁には日本酒のラベルがたくさん。日本酒飲めたら楽しいんだろうなぁ。 f:id:iioniku:20170205064058j:plain

お店情報

  • 店名:信州おさけ村
  • 住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
  • 電話番号:03-3572-5488
  • 営業時間:11:00~21:30(平日)、11:00~18:30(土曜日)
  • 定休日:日曜・祝祭日・第2・第3土曜日

【圧倒的肉!】静岡の"さわやか"で食べたハンバーグ、全然さわやかじゃねええええ

そ、そんなに鉄板に押し付けないでえええええ!!

肉汁が、あふれちゃうううぅぅぅ///

ということで、やってきたのは静岡にしかないハンバーグレストラン「さわやか」の御殿場店。

f:id:iioniku:20170109192542j:plain

ずーーっと行きかったさわやか。ようやく来れました。

が、店内の混雑が半端ねぇ。

f:id:iioniku:20170109192518j:plain

店員さんには、2時間待ちと言われました。

そうですか。待ちます。

自分たちが名前を書いたシートもなんと7枚目。いったい1日にどんだけお客さんがくるんだよ。

ただ待ち時間も長いけど、名前を呼んでもいない人も多いらしく、1時間ちょっとで入れました。

店内は煙で白い!肉肉しい匂いが立ち込めてーる!

f:id:iioniku:20170109192521j:plain

メニューはハンバーグやステーキ、サラダやポテトみたいなサイドメニューも。ただ、目の前で焼いてくれるのは、このなかの「げんこつハンバーグ250g」(税込1,058円)と「おにぎりハンバーグ200g」(税込950円)だけ。

f:id:iioniku:20170109193336j:plain

なので、げんこつハンバーグを頼むことに。

焼いてるときは油が跳ねるのでこいつでガードします。

f:id:iioniku:20170109193337j:plain

で、冒頭の動画のように焼いて出来上がったのがこれだー!

f:id:iioniku:20170109193339j:plain

赤い!

f:id:iioniku:20170109193342j:plain

うひょー!

f:id:iioniku:20170109193340j:plain

よくある柔らかいハンバーグじゃなくて、中身が赤いので弾力のある歯ごたえ。

そして、噛めば噛むほど溢れ出す肉汁。

やべええええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

美味しいよおおおおおおぉぉぉぉぉ!!

こんな肉肉しいハンバーグ初めて///

さいごに、もう一回動画貼っておきます。

てことで、満足してお店を出たら夕方になってました。

f:id:iioniku:20170109192424j:plain

このさわやかの御殿場店は、11:00~24:00までの営業。

f:id:iioniku:20170109192510j:plain

車がないと難しいので、御殿場のアウトレットに行くついでに行ってみるといいのかも。

日中はとっても混んでいるので並ぶの必死ですが、並ぶ価値ある味でしたー!

それでは。

2016年をザックリ振り返ってみる

もうすぐ年が明けるー!!

ということで、バタバタ今年の振り返りのブログを書いてます。

今年も激動の年でした。特に印象に残った出来事といえば、一緒に仕事したメンバーがLIGを離れたこと、僕がLIGブログの編集長になってしまったことあたりでしょうか。

やっぱり同じマインドで一緒に仕事できたメンバーが離れるのは純粋に寂しいですよね。離れたメンバーは外で活躍してるようで、嬉しいような寂しいような。また一緒に仕事したいなぁ。

そして夏前ぐらいに就任したLIGブログの編集長。いやぁ、編集長ってなにをする仕事か分からなかったし、LIGブログとは意図的に距離を置いていたので、とってもやりたくない役職でした。今はもっとワガママにやろうと開き直ってからは、やりたいこともたくさんできて忙しくも楽しい毎日を送っています。

あとこれは自分自身にも言えますが、LIGブログは企画の弱さや構成の甘さがどうしても目立ちます。もうちょっと考えようよって企画の記事が多いんですよね。たまにデリカシーがなかったり。2017年は、この辺りちゃんと考え抜くマインドを編集部全員で持っていきたいところです。

さて、そんな僕が2016年書いた記事でいちばん印象に残った記事はこちら。

liginc.co.jp

記事を出したスピード感、ニーズに的確に答えられた手応え、公開してからずっとアドレナリンが出っ放しでした。この記事は最終的には90,000PVぐらいまで伸びまして、公開もBuzzfeedより速く出せたし、自画自賛だけど良い記事だったなーと。あと、この記事が伸びたのは間違いなくカツセさんのお陰なんですよね。カツセさんが歯科関係者のコメントを30人分くらい集めてくれたのでスピーディーに記事をだせました。

その他、編集として携わった記事もいくつか紹介します。

liginc.co.jp バズった訳ではないんですが、気に入ってる記事です。これはライターが僕、編集はぐっさんに入ってもらいました。ハロウィンは川口浩の仮装をしたんですが、ほとんど気づいてもらえませんでした。

cbchintai.com シングルハックで作った記事です。ライターは当時アルバイトにきてたしもん君。大学生ってほとんど仕送りしてもらってるんですよ的な話から、仕送りが無限大の知人がいるという話になって、そのまま記事にさせてもらいました。

cbchintai.com ライターの佐々木ののかちゃんの家を取材した記事ですね。この記事のライターはカツセさん。本当にツッコミどころの多い家で、取材中も楽しかった記憶があります。

http://www.zba.jp/car-kaitori/cont/collabo-article-20160908/
お金かかった企画だったなぁ。ミニ四駆を回転させてコースをショートカットする必殺技を現実に再現した記事です。ライターのカツセさん、実現してくれたユカイ工学の伊藤さんと、夏休みを使って作りました。実は僕はダッシュ四駆郎世代なので、微妙に知らないんですよね。。

http://www.zba.jp/car-kaitori/cont/collabo-article-20160818/
元の企画は、スーパーカーに乗ってるサラリーマンに会いにいくっていう企画でした。だけど話を聞いていくと、どんどん面白い話が飛び出してきて、取材を終えたあとは、こんな盛りだくさんなコンテンツをどうやってまとめようかって頭を悩ました記事です。記事にはしてないけど、他にも面白い話があったんですよ。

http://www.zba.jp/hikkoshi/cont/special-content-20160804/
猫を飼うって大変なんだぜってことを記事にしました。飼うのはいいけど、面倒見切れなくて捨ててしまう人がけっこういるらしいんですよね。なので飼う前にちゃんと現実を知っておきましょうってことで。

2017年はもっとアドレナリンがでるような記事をもっと作っていくぞー!

渋谷のコスパ最強の居酒屋「酒呑気 まるこ」の鯛めしが圧倒的存在感を放つ

ドドーン!!

f:id:iioniku:20161105031352j:plain

 

すっ……

f:id:iioniku:20161105031346j:plain

 

シャーッ!

f:id:iioniku:20161105031405j:plain

 

シャシャーッ!!

f:id:iioniku:20161105031403j:plain

 

テッテレー!!

f:id:iioniku:20161105031340j:plain

 

これ、鯛かまめし(1合)900円。

f:id:iioniku:20161105031338j:plain

f:id:iioniku:20161105031441j:plain

うまい…!!  

これ、本当にうまい…!!!!

口に入れた瞬間確信した。

俺、たぶんこれを食べるために生まれてきたんだって。

これが食べられるお店はここ、渋谷にある「まるこ」っていうお店。

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13186378/

食べログの点数は、3.53となかなかの高点数。上で紹介した鯛かま飯は最後に頼んだメニューだったけど、これまでに食べたものを全て忘れさせてくれるくらいのインパクトと美味しさ。

あ、もちろん他の料理も細かいところにこだわってるし、美味しい。

例えば、この枝豆。

f:id:iioniku:20161105031413j:plain

写真だと分かりづらいけど、塩じゃなくて特製のタレで味つけしてる。これで250円だったかな。コスパ最強すぎる枝豆。これだけで、ビール3杯は余裕でいける。

 

そんで、このポテトサラダ。

f:id:iioniku:20161105031417j:plain

知らなかったんだけど、ポテトサラダが有名らしい。上に乗ってる半熟卵を潰して混ぜて食べるやつ。まずい訳がない。

 

そんでこれ、冷やしピーマン。

f:id:iioniku:20161105031438j:plain

生野菜好きにはたまらん。や、ただのピーマンなんやけども。ちょいちょいユーモアに聞いた料理もこのお店の特徴。

 

この日は、お刺身と軽めのものしか頼まなかったけど、他にもこんなメニューがあるみたい。次も絶対行く。

 

 

カツオ塩タタキ。 東京で一番美味しい鰹のタタキだと思います!

Ryo KITANAKAさん(@north.76)が投稿した写真 -

 

カツオ中落ち500円

Shunsuke Uchidaさん(@uchishun23)が投稿した写真 -

 

河豚の煮こごり。

Takayuki Aoyamaさん(@highmtblue)が投稿した写真 -

 

 

■お店情報

f:id:iioniku:20161105031426j:plain

店名:まるこ 電話番号:03-5784-1626

住所:東京都渋谷区道玄坂1-18-4和田ビル102

定休日:なし

営業時間:16:00~23:30

※これは食べログから参考にした情報なので、正確な情報はお店に直接確認してくださいね。早い時間なら予約しなくてもギリギリ入れそうな雰囲気だけど、けっこう人気店らしいので、予約した方が確実です。